押し付けと導き

Pocket

おはようございます。

さて…今日は上から目線なタイトルで恐縮です。

内容も上からかもしれませんが…

お許し頂ければ幸いです。

うちは4歳の娘がいます。

先日こんな事がありました。

娘に口内炎ができまして、痛くて食べたがりません。

いつも、ゆっくり食べさせるようにしてますが…

その日は保育園行事があるので早く行かないと。

いっぱい歩くのでご飯たべないと、元気がでないから食べなさいと

嫁さんは焦ってます…早く食べなさい!と叱ってもなかなか進みません。

…お父さんは考えました。

「お母さんにこう言ってごらん。『舌が痛いからご飯食べられないです。コンビニでゼリー飲料を買って下さい』って。」

「じゃあ、お父さんに練習で 言ってみてごらん」

娘は二回練習して…

お母さんにお願いに。二階から娘の嬉しそうな声で「お父さん~」と聞こえてきました。

『ちゃんと言えたよ!お母さんがゼリー飲料買ってくれるって!!』

お父さんが偉いでしょう、と言うことではなく…

相手の言っていることをちゃんと「そうだね」と肯定し、こうしたらいいんじゃない?こう思うよ、

と伝える。

これは以前聞いたことですが、YesBut法というコミニュケーション方法だとか。

まず相手のことを認めて(イエス)(バット)自分の考えを伝える。

先日…ある分野で関連のある方に私がいい事だと思い、伝えたことにまあ、頭ごなしに

「わかってないなぁ~」

「そんな方法じゃ変えられない」的なことを言われました。

あとで思い返すと、たしかに間違ってたな、と思い…訂正して「不勉強でした」

と伝えました。

しかし…その方にはこれから、おそらく相談しないと思います。

私を理解してくれない。と感じたから。

しかしその人が悪いと思っているわけではなく、私の言い方が悪かったのかな、とも反省しております。

が、今回以外にその方には何度か同じことがありまして…

ただ相談しにくい人だな。と私の中では認識された…ような感じです。

私はちっちゃな人間だから仕方ありません(笑)

振り返って。

自分も他人から見ると…押し付けてるじゃないか?という記憶が全くない、のではないので…

これから気をつけないと…

娘に教えられました(笑)

簡単だけど難しい。

43歳になっても勉強です。押し付けず、導ける人に私はなりたいとおもふ(合掌)

追伸。今回はFacebookにはあげてません。まぁ…考えるところがありまして。

――――――――――――――――――――――――■□■
世代をつなぐ住まいと暮らしづくり 子育世代応援工務店
南海建設 木づき工房(きづき工房)
〒761-8032 香川県高松市鶴市町2053-8
TEL : 0120-962-850
E-mail :  info-nankai@mc.pikara.ne.jp
HP : http://nankai-k.com/
~香川県 高松市、国分寺町、坂出市、丸亀市、三木町
新築住宅、注文住宅をお考えの方は家族の暮らしを大切にする
「南海建設 木づき工房(きづき工房)」にお任せください~
■□■――――――――――――――――――――――――

関連記事一覧

無料相談

資料請求

お客様専用フリーダイアル

会社地図

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

アクセスマップ

PAGE TOP