相続診断士の資格

Pocket

おはようございます。

相続診断士という資格を取りました。

相続診断士とは?

相続対策というと、どういうイメージなのか?

「財産ないから関係ない。」
「なんだかよくわからない。」
「難しそう。」
「早く死ぬのを待ってると思われる。」
「お金のことで深く聞けない(考えにくい)」

などでしょうか。

私は8年前に父を亡くしました。

親御さんを亡くした方は、実感されると思うのですが、実は悲しむ暇もないくらい忙しくなります。

葬儀の準備、親戚への案内、お寺とのやりとり・・・etc

 

私の場合、父は1年半、がんの闘病生活で入院していましたので、気持ちの覚悟は出来ていたと思います。

現在3歳の娘を父に見せられなかったのだけが心残りで、それを思うと今でも目頭が熱くなってしまいます・・・。

 

いくばくかですが、財産も遺してくれました。

小さくも、会社をしていたので34歳で社長を継ぎ、社長になりました。

しかし当時、建築現場監督、小さな会社ですから管理しながら作業をしたり、経営はまったく素人でした。

 

・・・苦労しました。

夜、寝られない日もありました。

精神衰弱で心療内科にも通いました。

今考えると「あの時こうやっていたら。」という気持ちは強いです。

経営者が集うボランティア団体で、様々な会社人とお会いしました。

 

その中で重要だと思ったこと。「情報・知識」です

法律、時事問題、社会の仕組み、地域の情勢。知ると知らないとでは大違いです。

建築に携わるものとして、相続問題は避けては通れません。

「平成27年1月1日、相続税の基礎控除の引き下げ、相続税を払う方は100人に4~5人だったのが、100人に10~20人になるとも言われています。」

そんな知識を事前に知ること。

「お客様のしあわせを考える建築を共に追求する」

幸せとは家族が仲良く暮らすこと。

次世代へ繋ぐために提案できる自分になりたい。

わが子と家族のためにも、地域に恩返しをするためにも

昭和47年生まれの42歳(まであと3ヶ月)、前に進んでいきます。

私たちの考える快適な住まいの無料資料をお届けします

南海建設 木づき工房は小さな会社です。年間に3棟ほどしか新築は施工していません。
ですが、信頼して頂けるお客様に支えられ、地域に根差して活動しています。
そのため資料をご請求いただいても、営業のために何度もご訪問したり電話はできません。

お客様が不快に感じられるような営業活動は行いません(…行えません)ので
ご安心してお問合せ下さい。お客様の子や孫の世代をつなげるような住まいをご提案します。

――――――――――――――――――――――――■□■
世代をつなぐ住まいと暮らしづくり 子育世代応援工務店
南海建設 木づき工房(きづき工房)
〒761-8032 香川県高松市鶴市町2053-8
TEL : 0120-962-850
E-mail :  info-nankai@mc.pikara.ne.jp
HP : http://nankai-k.com/
~香川県 高松市、国分寺町、坂出市、丸亀市、三木町
新築住宅、注文住宅をお考えの方は家族の暮らしを大切にする
「南海建設 木づき工房(きづき工房)」にお任せください~
■□■――――――――――――――――――――――――

関連記事一覧

無料相談

資料請求

お客様専用フリーダイアル

会社地図

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

アクセスマップ

PAGE TOP