南海建設 木づき工房 住まいづくりブログ

住まいの通風~自然の力を利用する~

Pocket

夏、風通しが良い住まい

家の作りやうは、夏をむねとすべし。
冬は、いかなる所にも住まる。
暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。

徒然草(上)第五十五段

昨今、高気密高断熱住宅が普及してきました。冬暖かい住まいです。

しかし、夏涼しい・風通しというものは、今も昔も住まいにとって重要です。

夏の風向きを知る。

各地の気象台は風向きを毎日記録しています。
それらのデータをまとめたものがあります。それを卓越風向図と言います。
例えば、高松の風向図は以下のようになっています。

huukouzu-takamatsu

4月から11月の風向きを統計し、一日の風向きを視覚化したものです。
図からわかるように7,8,9月は、朝から夜にかけて北東から南西に、深夜から朝にかけては南南西から北北東に風が吹いています。
(あくまで各気象台の立地場所でのデータですので、山裾や海や河川の近くなど地域によって、風向きは変わってきます。)

こういった図を利用するのはもちろん、その土地に朝・昼・夜と最低三回は足を運び風向きを確認します。

できれば夏に行くべきですが、設計時期によっては難しいので、土地の所有者の方やご近所の方に聞き取りを行い、その代替とする場合もあります。

こうして夏の通風を考えることで、風通しの良い住まいを設計していきます。

こうして図面に設計者の思いが込められます

こちらは計画中の平面プランですが、例えばこのように風向きを考えます。

windplan01
この土地は北西に川があり、夏には北西から風が吹いてくること、南が幹線道路で音が大きいことから、図のように計画しています。

こうした設計手法を最近ではパッシブデザイン【passive design】と呼んでいますが、この通風利用は、自然の力を利用したおそらく最も判りやすい設計方法です。

パッシブデザイン【passive design】
建築の設計手法の一。特別な機械装置を使わずに,建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し,快適な室内環境をつくりだす手法。
コトバンク

――――――――――――――――――――――――■□■
世代をつなぐ住まいと暮らしづくり 子育世代応援工務店
南海建設 木づき工房(きづき工房)
〒761-8032 香川県高松市鶴市町2053-8
TEL : 0120-962-850
E-mail :  info-nankai@mc.pikara.ne.jp
HP : http://nankai-k.com/
~香川県 高松市、国分寺町、坂出市、丸亀市、三木町
新築住宅、注文住宅をお考えの方は家族の暮らしを大切にする
「南海建設 木づき工房(きづき工房)」にお任せください~
■□■――――――――――――――――――――――――

関連記事一覧

無料相談

資料請求

お客様専用フリーダイアル

会社地図

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

アクセスマップ

PAGE TOP