南海建設 木づき工房 住まいづくりブログ

正しくありたい

Pocket

おはようございます。

40を超えると色々考えます。

今日の投稿は自分の今の気持ち…備忘録的なものなので寛大なお心で読んで頂けると、ありがたいです。

さて、
親バカを公言してますが…

①正直に。(嘘をつかない)
②ありがとう、ごめんなさいをきちんと言う
③自分でできることは自分でする。

この三つ。自分なりに子育てで心掛けるようしているつもりです。

うちの娘はもうすぐ4歳と8カ月。
家や実家ではやんちゃですが…
保育所の先生、友達や親戚の前ではワガママ言いながらも、子供ながらに相手に気を使う。
というような子、なのかなと思ってます。
私のフィルター越しなので、ご容赦を…。

先日遅くなり、夜八時に保育所にお迎えに行った時。いつもダッシュで抱きついてくるのに…
てくてくと歩いてきて、すがるように抱きついた後。指を出して、「◯◯ちゃんにひっかかれた…」と言うのです。

子供同士の事に親は出るつもりないですが、
相手の子は六歳。
うちの四歳からしたらお姉さん。

なので、

「そっか、ちゃんと謝ってくれた?」と聞くと、 首を振って…「謝ってない…」

「うーん、じゃあどうしてもらいたい?」

しばらくした後、

「謝ってほしい」と言うので、

「じゃあ、キチンと謝ってって言って、謝って貰いなさい。」と伝えると…、てくてくと、その子のとこに。
離れていたので聞こえませんが、指を出して、なんか言ってます。

で、しばらくして戻ってきました。
「ちゃんと謝って貰った?」と聞くと…首をふります。

「ほんとに◯◯ちゃんにひっかかれたの?」
と言うと、「桂子嘘ついてない…」

そうこうしてると、その六歳の子がニコニコとこっちに来たので。

なんというか…

客観的に見て彼女は…「自分は悪いと思ってない」ように感じました。

しばらく、考えましたが、
「◯◯ちゃんに桂子がひっかかれたって言ってるけど、
本当かな?」と聞くと。

私のアゴを触ったり、てへっみたいな仕草でごまかします。

で、

「正直に言うのは大事だよ。」と言うと…、向こうへ行ってしまいました。

うちの娘とその子のどちらが正しいのかは分かりません。

子供同士で解決すること。 たとえ四歳でも大切だと思います。

一人っ子なので自然と過保護になってるだけに、そういうことはキチンと教えたい。

帰りの車の中で娘に、
「桂子のことを信じてること。」
「正しいことを正直に言う。」
「悪いことを正直に謝るのは大切だよ。」と言いました。

「難しかったかな?」と言うと
「うん…難しい」
「そっか。きっといつかわかるよ」

そんな話をしました…。

きれいごとと思われるかも知れませんが…

「子供は親の言うことは聞かない、
親のするようにする。」

と言いますが…

親の自分自身の心に正しくありたい。
背中を見せなくては。

親になると…
そう思ってしまうのが 不思議です。

子育てしながら、子供に育てられてます。

2016-02-02-00-43-18-1

 

そうだよね。ありがとう。

親の気持ちがわかる住まいを建てたい。

――――――――――――――――――――――――■□■
世代をつなぐ住まいと暮らしづくり 子育世代応援工務店
南海建設 木づき工房(きづき工房)
〒761-8032 香川県高松市鶴市町2053-8
TEL : 0120-962-850
E-mail :  info-nankai@mc.pikara.ne.jp
HP : http://nankai-k.com/
~香川県 高松市、国分寺町、坂出市、丸亀市、三木町
新築住宅、注文住宅をお考えの方は家族の暮らしを大切にする
「南海建設 木づき工房(きづき工房)」にお任せください~
■□■――――――――――――――――――――――――

関連記事一覧

  1. 香川県 工務店で坪単価を考えるなら南海建設 木づき工房

無料相談会

世代をつなぐ住まいづくり

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

お客様フリーダイアル

アクセスマップ

PAGE TOP