南海建設 木づき工房はZEHビルダーです

Pocket

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
太陽光などの発電システムを搭載し、住宅で使用するエネルギーより発電するエネルギーが多い住宅です。

2014年4月閣議決定において、「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」とする政策目標を設定しました。

現在、関係省庁や団体などはロードマップの検討を行い、ZEHの自立的普及を目指して、外皮(※1)の高断熱化、給湯器・照明などの高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHの取得者に補助金を交付して普及させる事としました。(新築住宅、新築建売住宅を購入、既築住宅のZEHへ改修)

ZEH住宅を建築する住宅会社等(ビルダー)は事前に登録されたZEHビルダーに限ります。
香川県では107社がビルダー登録しています(平成29年3月17日公表)

※1:外皮とは建築基準法上の用語で、住宅等の建物の「天井又は屋根、室内に接する軒裏、外壁、窓、最下層部分(主に1階)の床または基礎断熱の場合の基礎立上り、等」を指します。

ZEHを建築した場合の補助金額は、香川県(6地域)の場合 125万円(2016年度)
ZEHを建築した場合の補助金額は、香川県(6地域)の場合 75万円予定(2017年度)

香川県高松市でZEH住宅を建てるエコな住宅会社です

太陽光発電パネル(LIXIL)


南海建設 木づき工房のZEH目標

ZEH普及目標

香川県高松市でZEH住宅なら南海建設 木づき工房へお任せください

エコキュート(パナソニック)

南海建設 木づき工房が取り組むZEH普及目標
2016年度:30% 2017年度:30% 2018年度:30%
2019年度:40% 2020年度:50%

「ZEHの意義」

私たちは香川県高松市で「世代をつなぐ住まいと暮らしづくり」をテーマに家づくりに取り組んでいます。
現代社会において、人が暮らす上においてエネルギーは必ず必要であり、当たり前のように消費しています。
昨今、CO2削減が叫ばれています。未来の子や孫へ「つなぐ」ために環境負荷の少ない社会にせねばなりません。

断熱性能を高くすることでエネルギーロスを減らし、住宅設備や家電製品で使われる消費エネルギーを省エネ性能の高いものにする。

使用エネルギーを低く抑え、住宅で使用するエネルギーを太陽光発電などの再生可能エネルギーで賄い、消費エネルギーを【ゼロ】にする住宅は、これからの標準となる住宅です。ZEHは国(経済産業省)が進める事業です。

南海建設 木づき工房はこれに賛同し、ZEHの促進を宣言します。

2015年度の南海建設 木づき工房の取り組み

ガスを使用するZEH住宅は香川県高松市ではハイブリット給湯器が必要

ハイブリッド給湯エコワン(リンナイ)

経済産業省主導のZEHと共に国が進める省エネ住宅の事業として、国土交通省が主導する「地域型グリーン化事業」があります。

南海建設 木づき工房は2015年度、地域型グリーン化事業のゼロ・エネルギー住宅の採択を得て、高松市鬼無町に1棟建築させて頂き、完成・認定を得ました。弊社のゼロエネルギー住宅第一号であり、ZEH住宅基準の新築住宅です。
4月に入居し7月にお話しを伺いましたが、お施主様には住宅性能の良さに驚き、暮らしやすいと感謝の言葉を頂いております。

登録申請完了

2016年9月、南海建設 木づき工房はZEHビルダー登録申請されました。

無料相談

世代をつなぐ住まいづくり

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

お客様フリーダイアル

アクセスマップ

PAGE TOP