ライト・パッシブデザイン

Pocket

-ライト・パッシブデザイン- ちょうどいい住まい

香川県 注文住宅 南海建設 木づき工房香川の気候風土。私たちが住む場所。
風向き、湿度、春夏秋冬の季節の流れ。
温暖な香川県に相応しい暮らし方。
それを支えるのは知恵と技術。敷地周辺環境からの影響。

*画像は気象庁が発表している、高松市の卓越風向図です。
(卓越風向図は季節ごとの風向を各地の気象台で計測、グラフ化したもの)

知恵

知恵は先人の教え。受け継がれてきたもの。
土地の周りを「観て」住宅の計画を決める。
当たり前ですか? いえ、当たり前だから忘れがちな設計士が多いのも事実です。

技術

日本で断熱が見直されたのは1990年代頃。
温暖化によるエコの推進、健康と環境が密接な関係性が見直されました。
断熱化が急速に研究され、断熱材料などが提案されてきました。
補助金や法律も劇的に変化しています。
木づき工房はそれを積極的に学び続けます。

高松市 注文住宅敷地周辺環境からの影響

そこにしかない環境。一つしかない住まい。
何度もそこに立って風向きを読み、太陽や人の動き、刻々と変わる敷地の表情を知ることから、プランニングは始まります。
周囲の建物の影がどうなるか、日当たりの良い場所はどこに?
冬になると、真昼でも低く下がった太陽から窓へ光がそそぐ。
そして部屋の中を温める。日の光を窓から入れる、寒い冬には大切なこと。
先人の知恵をアレンジし、現代のデザインにマッチした方法を。

パッシブ・デザインの良いところを取り入れる

パッシブハウスが香川に必要ではないのでないか?と記事を書きました。
しかし一概にそうでは有りません。
パッシブ(passive:受身の)には自然の力を取り入れるという意味も含まれます。
自然の力を取り入れ、住宅断熱として「超」ではない高気密高断熱を導入し、香川の気候に見合った住宅を
(*ライト・パッシブデザインとは木づき工房 代表松川直弘が考えた造語です)

ライト・パッシブデザイン

気候風土とコストに見合った、しかも快適な新築注文住宅。
断熱材に掛かるコストを、家族が豊かになる暮らしや未来の子供や孫のために使う。
それが「世代をつなぐ住まいづくり」をテーマにする木づき工房の答えです。
とはいえ断熱には充分気を配って設計しています、下記のCW断熱は弊社の標準仕様です。

ライト・パッシブデザインにご興味がある方は下記をクリック下さい。

香川県で建てるべき住宅

CW断熱工法

住まいの通風~自然の力を利用する~

香川で新築住宅を建てるなら南海建設 木づき工房。パッシブデザインの良いところを香川に気候に合わせて

無料相談

世代をつなぐ住まいづくり

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

お客様フリーダイアル

アクセスマップ

PAGE TOP