少子高齢化時代~住宅と暮らしの考察

Pocket

~2025年問題~
団塊世代の高齢化

少子高齢化が叫ばれて久しいですが、2025年問題とは団塊の世代、約730万人が75歳に達します
2017年現在の75歳以上の人口は1,641万人です。
2025年の75歳以上の人口を自然減少分を試算すると、約500万人以上増え2,179万人に。
人口の18%が後期高齢者になってしまいます。
65歳以上の高齢者1人を支えるのに現役世代が1.9人になるという推計が出ています。

これがどういう事かというと、数字以上に労働環境の厳しい医療、介護、産業など現場で担い手の不足が発生するのは明らかで、病院や介護施設に入れない高齢者が激増し自宅介護、自宅看取りが当たり前の時代がやってきます。

*数字、画像は内閣府 ウェブサイト「高齢化の状況」より抜粋

住宅会社の私たちの使命

私たち建築に携わる者にとって住環境の改善というものは大きなテーマです。省エネ、高断熱化、地震、耐震補強、バリアフリー…。
省エネ、耐震などメディアが大きく報道する傾向があり、自宅介護、自宅看取りの危機はおざなりにされています。
しかし、緊急の課題は自宅のバリアフリー化だと南海建設 木づき工房では考えています

新築住宅を建てる際に、そうした現状を皆さんにお伝えし、高齢者の暮らしやすい住まいを提案することこそ、喫緊の課題ではないかと思うのです。とはいえ、そんなに難しいことではありません。玄関や住宅の中の建具を引戸にしたり、コンセントの位置を少し考えたり。(本当はもう少し具体例がありますが、長くなるのでお知りになりたい方はご相談ください)
また高齢者に優しい、ということは子育てするにも優しい住まい、子育て世代にも重要なポイントです。

南海建設 木づき工房の使命

私たちの目指す家づくりは「世代をつなぐ住宅と暮らしづくりです」
私たちの両親は、私たちを育てるために一生懸命でした。この恩を次の世代、孫へとつなぐことこそ親孝行です。
更に親世代のお世話をすることが、今以上に求められてきます。

家族みんなで話し合う

一番良い生活と暮らしは、どのようなものなのか?一度ご家族で話し合いませんか?
ご両親、兄弟姉妹、誰が実家を継ぐのか、誰が両親の介護をするのか、その時には誰がサポートするのか。
決めなければならないことは多くあります。
しかし大切なのは皆が協力して、一番良い暮らしのカタチを話し合う事だと、木づき工房は信じています。

暮らしの相続

南海建設 木づき工房、代表の松川直弘は相続診断士という資格を保有しています
相続というと「お金持ちのことだから関係ない」と思われている方も多いと思いますが、相続で争い裁判まで発展するケースのうち75%が相続税を払わないでよいご家族なのです。中立な立場の第三者、住宅の専門家で、相続に詳しい私があなたのこれからの暮らしと、住まいづくりのお手伝いをさせて頂きます。

「家族の問題を解決する住まい」のご案内

長文を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
さらに詳しい内容や対策をお知りになりたい方は、弊社代表 松川直弘が書かせて頂いた小冊子「家族の問題を解決する住宅」をお届けします。賢く建てる新築住宅の補助金の情報なども記載しております。
以下のバナーをクリックし、必要事項を記入の上、お申込みいただければ幸いです。

 

無料相談

世代をつなぐ住まいづくり

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

お客様フリーダイアル

アクセスマップ

PAGE TOP