家族の健康を守る家づくり

Pocket

住まいと家族の健康

古来、建物や住まいは風雨から人々を守ってきました。
それは今も変わらないことです。

現代、住まいの果たす役割は多様化しています。

南海建設 木づき工房では、多様化した現代に対応するため「世代をつなぐ住まい」をテーマに、こだわりや健康・安全・安心を専門家としてお客様に提案しています。
さらに様々なデザイン、構法、仕上げを提案いたします。

香川県という気候風土

気候風土。私たちが住む場所。
香川県はどんな自然環境なのか。
風向き、湿度、春夏秋冬の季節の流れ。

お客様の購入された、または譲り受けた、その土地に住まいを建てる。
気候風土と健康を考えるには自然の力を最大限、利用することが必要です。

古来から自然の力を利用して私達は住まいを築いてきました。
通風、採光、採暖、採涼。
最近ではそれを”パッシブデザイン”と呼んでいます。

パッシブデザインとは…
建築の設計手法の一つ。特別な機械装置を使わずに,建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し,快適な室内環境をつくりだす手法。

コトバンク 「パッシブデザイン

簡単に説明しますと、
採光が取れ、室内が明るく。
夏は通風で風通しの良い涼しい住まい。
冬は窓からの熱を取り入れ、わずかな熱を有効に活用します。

最近、パッシブデザインというと超高断熱住宅のことを明示している風潮がありますが、本来はこう言った意味で使われます。
パッシブデザインはドイツで提唱された概念ですが、ドイツの国土は北海道より緯度の高い寒冷地です。そのため超高断熱を法律で規制したり、超高断熱にしています。

断熱材が150㎜から250㎜という超高断熱住宅は坪単価で2倍近い価格になります。
私たちの住む温暖な香川県という地域に、そこまでの性能が必要かは私たちは疑問に感じています。
もちろん私たちにもノウハウや技術はありますので建てることは可能です。

しかし、お客様の要望の優先順位・予算に応じ、お客様が長高断熱をする場合もあるかと思います。

南海建設 木づき工房では、そんな場合、きちんとメリット・デメリットをご説明し、納得いただく形で設計を進めさせていただいています。

 

住まいと家族の健康についての考察

宜しければこちらの記事もご覧ください。画像をクリックすると記事が表示されます。

住まいの通風~自然の力を利用する~

住まいの通風~自然の力を利用する~

 

無料相談

世代をつなぐ住まいづくり

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

お客様フリーダイアル

アクセスマップ

PAGE TOP