世代をつなぐ暮らしづくり

私たちは相続診断士®です

笑顔になるための親から子へ、子から孫の家族継承について

Pocket

南海建設 木づき工房 代表の松川直弘は相続診断士®という資格を保有しています。
相続診断士とは?(外部サイトに移動します)

相続という言葉はあまり好きではありません。
誰かの死を感じさせてしまうのであまり考えたくないことです。

しかし必ず必要になること。
万が一、亡くなったときに遺された家族に争いが起きないようにする事は子を持つ親の務めです。
「うちの子供たちはきっと仲良く分けてくれる」
しかし、何も決めなかった方の多く、特に相続税とは無縁の方が相続問題で争うというのが統計上明らかになっています。
相続問題で裁判に発生するケースの約75%が相続税を払わないで良いケースなのです。

最後に大切なことをお伝えします。私は相続という言葉は使いたくはありません。
ですから「家族継承」という言い方をしたいと思います。世代をつなぐ、家族継承を行うために、私は皆様のお役に立ちたいと思っています。

PAGE TOP