南海建設 木づき工房 住まいづくりブログ

住まいを新築するなら。夏は遮熱を旨とすべし

Pocket

私たちが暮らす、香川県。

温暖な瀬戸内気候に恵まれています。

特に香川県は四国山脈の恩恵もあり、西日本の中で考えると、ひどい台風被害は少ないように思われます。

気候と住宅について、有名な言葉ですがちょっと考えてみたいと思います。

夏が暑い

今年も非常に暑かったです。昨日お客様と話していましたが。

「私が小学生のころ(35年前)気温が30度を超えるのは夏のうちの2,3回くらいでしたよね」

「そのころは冬に水路が必ず凍っとったけど、今は見たことがない」

温暖化の影響でしょうか。

5月のGWくらいから暑くなり、残暑は11月の初めまで、という年も珍しくありません。

約6か月、年間の半分が「暑い」と感じられる気候になっているのが現在の香川県ではないでしょうか。

快適な住宅とは?

ここでは室内の温度、湿度などの居住性に触れてみたいと思います。

少し話は離れますが、先日50歳半ばのお客様で…。

「築25年のマンションに住んでるけれど、修繕積立費が年々上がっているし、夏はコンクリートが熱くなって夜が暑くて大変です」

という二つの理由で住宅を考えて居る、というご相談でした。

修繕費って上がるんですね。

大規模改修の時にもっと上がるそうなので、その話が出ているらしく住み替えなら戸建てがいいということでした。

蓄熱性

物理のお話しですが少々お付き合いください(笑)

物質には熱を蓄えやすいものと、蓄えにくいものがあります。

コンクリートは熱伝導率は低いです。簡単に言うと触ってもすぐには熱くない物質です。

しかしコンクリートは特に蓄熱性が高いです。

そのため温まるまで時間が掛かりますが、温まるとかなりの熱を蓄えます。

これが夜、外気温は低く、涼しくなっても室内が暑い理由です。

壁や天井のコンクリートから室内に熱がどんどん入り込み、時間差で夜、室内が暑くなる原因となっています。

 

このテーマはちょっと長くなるので何回かのシリーズに分けて投稿したいと思います。

お付き合いいただくとありがたいです。

続きの第2回の記事はこちら


私たちの考える快適な住まいの無料資料をお届けします

南海建設 木づき工房は小さな会社です。年間に3棟ほどしか新築は施工していません。
ですが、信頼して頂けるお客様に支えられ、地域に根差して活動しています。
そのため資料をご請求いただいても、営業のために何度もご訪問したり電話はできません。

お客様が不快に感じられるような営業活動は行いません(…行えません)ので
ご安心してお問合せ下さい。お客様の子や孫の世代をつなげるような住まいをご提案します。

 

――――――――――――――――――――――――■□■
世代をつなぐ住まいと暮らしづくり 子育世代応援工務店
南海建設 木づき工房(きづき工房)
〒761-8032 香川県高松市鶴市町2053-8
TEL : 0120-962-850
E-mail :  info-nankai@mc.pikara.ne.jp
HP : http://nankai-k.com/
~香川県 高松市、国分寺町、坂出市、丸亀市、三木町
新築住宅、注文住宅をお考えの方は家族の暮らしを大切にする
「南海建設 木づき工房(きづき工房)」にお任せください~
■□■――――――――――――――――――――――――

関連記事一覧

無料相談

資料請求

お客様専用フリーダイアル

会社地図

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

アクセスマップ

PAGE TOP