2020年問題

高松市で口コミの高い住宅会社
Pocket

【高松で注文住宅を建てるなら、世代をつなぐ住まいづくり・南海建設 木づき工房】

おはようございます。

今日はちょっと真面目なお話。

2020年に何があるか?和暦なら平成32年ですね。

住宅業界ではある断熱基準が義務化されます。

ちょっと専門用語がでますが、なるべく使わないよう説明したいと思います。

建築基準法の改正で平成25年に住宅の断熱の基準が引き上げられました。

まぁ省エネという流れの中で。

専門用語ですが外皮計算という計算が義務づけられます。

壁、天井、屋根、床下の断熱を厚み・性能などで数値化し、ある数値以下の建物しか建てちゃいけませんよ。

と、法律で決まりました。

これが平成25年のことです。

 

良いことは、省エネ性の高い家になること、暖房冷房効率が上がります。

悪いことは、住宅の価格が上がること。

しかし、イニシャルコスト(建築費)が多少上がっても、ランニングコスト(毎月の光熱費)は下がりますので

一概にコストアップにはならないと個人的には、思います。

 

ここから業界の話。

この25年に決まった基準を我々工務店や住宅関連企業は平成25年基準と呼んでますが、当社のお客様の新築住宅で、平成27年10月に住宅の確認申請時に書類を提出しました。

「でも…今は不要です。」窓口で返されました。

よく分からないですが…完全義務化に移行するまで審査は先延ばしになっているようです。

なので旧基準でも今は審査を通ります。

しかし…基準が上がることが分かってるのに、その基準に合わせた家を建てないで良い。

というのはちょっと…できないので、我が社は2年前から全棟2020年基準で建ててます。

旧基準で良いという方がもし居たら、最低でもメリット、デメリットを説明します。

(今までそういう方はいらっしゃらなかったですが。)

もう少しお付き合いを…

 

3年前、この話を業界団体の懇親会で個別に話した時。

他の建築会社さんがほとんど知らないというのは驚きました。

まあ社長は知らないでも、社員が知ってれば良いというのはあるのかと思いますが…

しかし…

私はエンジニア、技術者です。プライドありますから。一番に学び、お客様に伝える立場にいたいです。

一般の方は不安ですから…不安を取り除く。

大切なことだと思ってます。

【高松で注文住宅を建てるなら、世代をつなぐ住まいづくり・南海建設 木づき工房】

――――――――――――――――――――――――■□■
世代をつなぐ住まいと暮らしづくり 子育世代応援工務店
南海建設 木づき工房(きづき工房)
〒761-8032 香川県高松市鶴市町2053-8
TEL : 087-882-2251
E-mail :  info-nankai@mc.pikara.ne.jp
HP : http://nankai-k.com/
~香川県 高松市、国分寺町、坂出市、丸亀市、三木町
新築住宅、注文住宅をお考えの方は家族の暮らしを大切にする
「南海建設 木づき工房(きづき工房)」にお任せください~
■□■――――――――――――――――――――――――

関連記事一覧

  1. 香川県の住宅メーカー、南海建設 木づき工房
  2. 高松市 注文住宅は評判の南海建設 木づき工房

無料相談

資料請求

お客様専用フリーダイアル

会社地図

コストと性能を両立した断熱材

ZEHビルダー登録事業者

Kitchen_Academy

お問合せ/資料請求

アクセスマップ

PAGE TOP